ビルメン(設備管理)の激務現場ってどこなの?

ビルメン(設備管理)の激務現場はどこか説明している記事のサムネイル画像

アラサー男子ブロガーのにゃんこです。

 

ビルメンは楽でまったりというイメージが強いかもしれませんが、中には忙しくてしんどい思いをしている人もいます。
 
せっかく楽するためにビルメンになったのに、忙しくてしんどい思いはしたくないですよね。
 
今日はビルメンの激務現場について記事にしたいと思います。
 
 

1位:ビルメン激務現場:病院

ビルメン(設備管理)の激務現場はどこか説明している記事の画像1

ビルメン激務現場1位なのが病院です。

 
 
病院はビルメンとしての点検、巡回業務に加えて看護師さんの雑務手伝いをすることが多いです。
 
誰もがやりたくない嘔吐物、大便の処理や、トイレなどの水回りの詰まりを直す業務も多くあります。
 
2ch(今でいう5ch)では「病院のビルメンはフンコロガシ」という名言もあったりします。(笑)
 
 
 
夜勤、宿直時の仮眠時間に叩き起こされることも多く、仮眠時間が本当に仮眠になるとのこと。
 
蛍光灯の玉替えも人が患者さんがいる状態でやるのはかなり気を使います。
 
 
 
 
それに設備にボイラーもあるので、やることはオフィスビルに比べて多いです。
 
給料の割に大変ということなので、2chで愚痴も一番多いです。
 
看護師さんと関われるのはメリットですけどね。(笑)
 
 
 
どこに配属されても、例外はなく病院は忙しいので1位にしています。
 
 
 
 

2位:ビルメン激務現場:ホテル

 ビルメン(設備管理)の激務現場はどこか説明している記事の画像2
ビルメン激務現場2位なのがホテルです。
 
 
 
夜勤、宿直勤務時に病院ほどではありませんが、急なトラブル対応が発生する可能性があるので夜の仮眠時間が少なめな傾向にあります。
 
ここ最近外国人観光客が増えたこともあり、トラブルが多いようです。
 
それに病院同様にボイラーがあるので、やることはオフィスビルに比べて多いです。
 
 
 
また、ホテルではチェックアウトした10時~次のチェックインの時間の15時までがビルメンが自由に動ける時間なので業務にスピードを求められます。
 
 
 
病院ほどではありませんが、ホテルもかなり忙しいようなので2位にしています。
 
 
 

3位:ビルメン激務現場:大規模な商業施設

 ビルメン(設備管理)の激務現場はどこか説明している記事の画像3
ビルメン激務現場3位なのが大規模な商業施設ですね。
 
 
 
テナントがとにかく多いため、テナント側の要望に応える必要があるのと人の出入りが多く、トラブルが起きやすいです。
 
特に百貨店は蛍光灯の交換の数が尋常じゃないほど多いので、玉替えチームがあったりするそうです。
 
ずっと玉替えとか気が変になりそうですね。(笑)
 
 
まあただ、商業施設は閉店時間があり病院やホテルのように深夜にはトラブルが発生することは少ないようなので、3位にしています。
 
 
 

激務現場に行きたくない人は求人票に具体的な現場が載っている場合があるので、受ける前に必ず確認すること。

ビルメン(設備管理)の激務現場はどこか説明している記事の画像4

ビルメンになろうとしている方に激務現場に自ら進んで行きたいという方はいないと思います。

 
ビルメンの求人票には配属予定の現場を記載しているところがあります。
 
配属予定の現場が病院、ホテル、大規模な商業施設などの激務現場の場合は避けておきましょう。(笑)
 
 

おまけ:激務現場とはいえ、昔より今の方が楽な傾向にある。

ビルメン(設備管理)の激務現場はどこか説明している記事の画像5

どこの現場でもそうなのですが、古い設備は新しいものに更新していっています。
 
例えば、蛍光灯をLEDに変えたりという感じです。
 
LEDに変えたら蛍光灯のように定期的に玉替えという作業は無くなります。
 
 
 
昔より今の方が激務現場でも楽な傾向にあるのでその点は安心してください。(笑)
 
 
 
まあでも、残念ながらオフィスビルよりはどうしても忙しくなると思います。
 
まったり目的でビルメンになろうとしているなら理想とかけ離れているので避けるようにしましょう。(笑)
 
 

おわりに

 
激務現場というとブラックな印象を受けてしまいますが、あくまでビルメン内の話です。
 
 
休日少なめ、サービス出勤、サービス残業だらけのブラック企業に勤めていた経験がある方はまだ楽に感じると思います。
 
激務といってもガチなブラック企業よりはマシだと思います。
 
ちゃんと休みはもらえるし、残業代はもらえます。
 
 
ブラック企業に勤めている方は激務現場とはいえども待遇は改善したり、前職よりは楽に感じる可能性が高いのでチャレンジしてみてくださいね。
 
また別の記事でお会いできたら嬉しいです!(^^)/