ビルメン(設備管理)の地震時の対応について

ビルメン(設備管理)の地震時の対応についての説明記事のサムネイル画像

アラサー男子ブロガーのにゃんこです。

 

先日、大阪で最大震度6弱地震が起こりました。
 
通勤中に発生で全線運転見合わせになったのですが、現場に近い位置にいたため、、、なんとか出勤して仕事してました。
 
今日はビルメン(設備管理)の地震時の対応について記事にしたいと思います。
 

ビルメン(設備管理)は地震時に休みでも出勤を求められる。

 ビルメン(設備管理)の地震時の対応についての説明記事の画像1

正社員の場合は休日だろうが電話がかかってきて出勤を求められます。

 
全ての現場で館内全ての被害状況を確認する必要があるので、どうしても人手不足になります。
 
正社員の場合は休日出勤を覚悟しておきましょう。
 
 
僕は現場の近くにいたということで例外で出勤してしましたが、派遣社員の場合はそこまで求められません。
 
僕は現場近くまで既にいたので出勤しましたが、他の現場の派遣の方に聞いたところ自宅待機をされていました。
 
電車前線が運転見合わせになったというのもあるのですが、こういう時は派遣社員はラッキーですね。(笑)
 
 

ビルメン(設備管理)は地震時には館内の全点検を行う。

 ビルメン(設備管理)の地震時の対応についての説明記事の画像2
基本的に地震時には館内設備の全点検を行っていきます。
 
一部ではなく、全点検です。(笑)
 
具体的には下記のようなことを僕は行いました。
 
 
 
 
・壁やガラスにヒビ割れが発生している所はないか
 
・照明は問題なく点灯するか
 
・空調は問題なく動作するか
 
・漏水している所はないか
 
・異常停止している設備の復旧
 
・オーナーに被害状況の報告
 
・異常がある設備を業者に頼るか、自分でやるかで復旧させる。
 
 
 
 
他の現場だともっとやることは多いかもしれませんが、大体似たような感じだと思います。
 
 
 
 

おわりに

僕が働いている現場は普段まったりです。
 
でも、地震の時はさすがにしんどかったです。
 
もう二度と経験したくないです。(笑)
 
 
電車、エレベーターが完全に止まったので途中の駅から30分近く歩いて徒歩での出勤。
 
その後、エレベーターなしで10階の建物を上から下まで歩く。
 
足がパンパンで翌日の筋肉痛半端なかったです。(泣)
 
 
 
ビルメンは楽な仕事ではありますが、地震時には覚悟しておかないといけませんね。
 
 
 
 
また別の記事でお会いしましょう!
(^^)