ビルメン(設備管理)は休みが多いというのは本当なの?

ビルメン(設備管理)は休みが多いというのは本当なのか説明している記事のサムネイル画像

アラサー男子ブロガーのにゃんこです。

 

ビルメン(設備管理)の求人について調べていると、下記のように休みが多いことについて触れてあります。
 
 
「週休3日、週4日勤務でOK!」
 
「有給の取りやすい現場です!」
 
 
・・・等々です。
 
 
実際にビルメン(設備管理)になって働き始めて、確かに休みが多いと思うので記事にしたいと思います。
 
 
 

ブラック企業に勤めていた方は休みが多いと感じると思う。

ビルメン(設備管理)は休みが多いというのは本当なのか説明している記事の画像1
ビルメン業界の年間休日は平均で110日ぐらいなのですが、有給を使って5日~10日休めるので多い方だと思います。

 

休みの多いところだと年間休日が120日以上あって、有給を10日以上使えるので、年間休日は130日ぐらいになります。
 
大手のホワイト企業に勤めている方は普通だと感じると思いますが、ブラック企業に勤めていた方は休みが多く感じると思います。
 
 
 

夜勤、宿直有の現場だと「明休み」という制度があり、さらに休みは増える。

ビルメン(設備管理)は休みが多いというのは本当なのか説明している記事の画像2

ビルメンは現場によって夜勤と宿直があります。

 
宿直というのは現場に朝まで泊まりながら勤務するという意味です。
 
日勤勤務だと、9時~18時で時間になったら帰れるのですが、宿直勤務の場合次の日の朝9時まで24時間で勤務があります。
 
 
24時間勤務というとゾッとするのですが、楽な現場だと夜勤は待機がほとんどで深夜の1時、2時~朝の7時、8時までは寝ることができます。
 
また、夜勤、宿直勤務後は「明休み」という制度により休みになります。
 
5~6時間ぐらい寝ていると、次の日も問題なく行動できるので実質休みが1日増えたように感じます。
 
 
 
現場よるのですが、週1、2回の頻度で夜勤、宿直があり、月に5回夜勤があったとすると、明休みが5日もらえます。
 
その勤務体制が12ヵ月続くと、60日の明休みがもらえます。
 
 
 
元々の休みが110日、有給が5日、明休みが60日あるとすると年間休日は175日になります。
 
休みが多い会社で、夜勤、宿直勤務が多めの現場だと年間休日は200日を超えるところもあります。(笑)
 
明休みを休みとカウントすると確実に周りのサラリーマンより休みは多くなるでしょう。
 
 

おわりに

 
ビルメンの給料は本当に安いです。
 
詳しくは下記記事を見てもらえたらと思います。
 
 
 
でも、正直なところ、、、楽な現場に配属されたら納得する給料だと思います。
 
生活できるレベルだけお金がもらえたらそれだけで満足、できる限り休みが欲しいんや!って方はビルメンになってみるのをオススメします。
 
また別の記事でお会いしましょう!(^^)/