職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを我慢しては絶対にダメ!会社を巻き込んで対応もしくは転職しよう。

職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを我慢しては絶対に駄目である事の説明記事のサムネイル画像

アラサー男子ブロガーのにゃんこです。

 
職場でパワハラ、イジメ、嫌がらせに合って我慢して働くとしんどいですよね。
 
僕は職場でパワハラ、イジメ、嫌がらせの経験がありますが、幸い社会的に復帰出来ました。
 
ただ、職場でパワハラ、イジメ、嫌がらせに合ったせいで違う仕事に就くことが困難になる人もいます。
 
 
今日は職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを受けている方に向けて記事を書きたいと思います。
 

職場でパワハラ、イジメ、嫌がらせをする人の言葉を聞き流して、自分は何も悪くないと開き直る。

職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを我慢しては絶対に駄目である事の説明記事の説明画像1

職場でパワハラ、イジメ、嫌がらせをする人は

 
 
「怒鳴るのが正しい。」
 
「謝罪させるのが正しい。」
 
「屈服させるのが正しい。」
 
 
…等のように普通の人とは違った感覚を持っているというか、頭のネジが何本か飛んでいる人です。
 
 
 
悲しい話、まともな反論をしても受け入れてはもらえません。
 
一生懸命で、真面目な人ほど相手の言葉を真に受けて凹んでしまい精神的に疲れてしまいます。
 
右から左に聞き流して、自分は何も悪くないと開き直るようにしましょう。
 
 
 

職場でパワハラ、イジメ、嫌がらせをする人をそのままにするのは会社にとっても良くない。

職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを我慢しては絶対に駄目である事の説明記事の説明画像2

職場でパワハラ、イジメ、嫌がらせをする人がいると会社の離職率は高くなる傾向にあります。

 
離職率が高いと新しい人は不安で入って来にくいですよね。
 
職場でパワハラ、イジメ、嫌がらせをする人をそのままにすると会社にとっても良くないです。
 
 
 
また、あなた以外にも職場でパワハラ、イジメ、嫌がらせをされて苦しんでいる人はいる可能性があります。
 
人間脆い生き物です、辛い思いを続けていたらいつかは限界がきます。
 
 
 
 
職場でパワハラ、イジメ、嫌がらせをする人は膿のような存在です。
 
会社のためにもさっさと取り除けるように動いてしまいましょう。
 
 
 

職場でパワハラ、イジメ、嫌がらせをする人から逃げるために会社を巻き込んで対応することをオススメ

職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを我慢しては絶対に駄目である事の説明記事の説明画像3

昔と違って、今の企業はだいぶコンプライアンス(法令や規則を守ること)がしっかりしています。

 
特に大手であれば社員に対して研修もするほどです。
 
ただ、会社はパワハラ、イジメ、嫌がらせの報告が上がってこない限りは対応しようとはしません。
 
 
 
そこで会社を巻き込んで対応するために人事担当者に時間を取ってもらって相談をオススメします。
 
人事担当者に事情を説明すれば、会社として報告の義務があるので会社での対応となります。
 
まともな会社であれば、人事異動を考えてくれたり何かしらの対応をしてくれます。
 
 
 
密告する形になるので、優しい方は他の方に迷惑かけてしまうと良心が痛むと思います。
 
でも、正直、職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせをする人を会社に入れてしまった人事担当者の責任があると思います。
 
人事担当者にしっかりと仕事をしてもらいましょう。
 
 
 
仕事終わりにストレス解消として、深酒をしたり、仲の良い友達に愚痴るのも良いかもですが、、、オススメはしません。
 
実は社会人1年目にやった事もありますが、深酒の影響で睡眠不足になり顔も老けるし、愚痴ばかりだと友達も逃げていきました。(苦笑)
 
また一時的には楽になりますが、解決はしないのでいつまで経っても辛いままです。
 
 
 
状況が好転する可能性があるので、会社を巻き込んで対応していきましょう。
 
 
 

職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを揉み消そうとしたり対応しないなら見切りをつけて転職してしまおう。

職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを我慢しては絶対に駄目である事の説明記事の説明画像4

もし人事担当者が職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを揉み消そうとしたり、対応しようとしないならその会社にいる必要はありません。

 
職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを揉み消そうとしたり、対応しようとしない会社はまともな会社じゃないですよ。
 
 
 
あなたのことを本当に大切に思ってくれているなら確実に動いてくれます。
 
 
 
職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを揉み消そうとしたり、対応しようとしない会社はブラック認定して、とっとと転職してしまいましょう。
 
 
 
下の記事でも少し触れましたが、2010年、2011年のリーマンショックの時のように求人がないということはありません。
 
売り手市場の関係で求人は沢山あります。
 
3~4年の空白の期間がある僕でもなんとかなったので、普通の方ならもっと楽に転職できるので安心してください。(笑)
 
 
 
 
くどいですが、絶対に職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを我慢して働き続けるのだけは絶対に止めましょう。
 
よほど生活水準が高くない限り、辞めたら一生食っていけないなんてことは絶対にありません。
 
また、転職時に職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを受けた事を説明したらまともな会社は必ず理解して受け入れてくれます。
 
 
 
 

ビルメン(設備管理)のように無資格未経験、無職ニートのような低スペックでも転職できる業界もあります。

職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを我慢しては絶対に駄目である事の説明記事の説明画像5

職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを我慢する理由に再就職ができるか不安という方もいると思います。

 
 
 
実際に自分が転職活動をしてみて、未経験の求人は少ないです。
 
でも、100%未経験の求人がないということはないので安心してください。
 
ビルメン(設備管理)のように無資格未経験、無職ニートのような低スペックでも転職できる業界もあります。
 
 
 
さらに言うと、ビルメン(設備管理)はかなり特殊な業界なので、40、50代の未経験でも普通に転職できます。
 
無資格未経験、無職ニートのような低スペックの僕が転職できたので、誰でも転職できるでしょう。
 
無資格未経験、無職ニートのような低スペックの僕が転職できた体験談も下の記事に書いているので良かったら一緒に見てみてください。
 
 
 

おわりに

職場でミスをしてしまい適正な範囲内で怒られたり、注意されるのは我慢する必要があります。
 
でも、適正な範囲外で怒られたり、注意されるのは我慢する必要はありません。
 
職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせを受けた場合にはすぐに会社を巻き込んで対応しましょう。
 
 
 
職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせをする人と向き合って頑張る必要はありません。
 
真面目に頑張っているあなたが悩むことがおかしいので慈悲の心も必要ありません。
 
問題は冷静に対処していきましょう。
 
 
 
もしあなたが職場でのパワハラ、イジメ、嫌がらせをする人間と向き合って頑張っているなら勇気を出して行動してみてくださいね。
 
また別の記事でお会いしましょう!(^^)/